日別アーカイブ: 2015年7月21日

化学療法(抗がん剤治療)

ddTC療法4クール1週目: CT結果

2015年1月6日。ddTC療法4クール1週目(day 1)、パクリタキセル+カルボプラチン2剤の日。

12日ぶりの通院。年明け一発目の病院は激混みだった。
気持ちが高ぶったのか何故か検温で37℃あり、ナースさんを心配させてしまった。
好中球1710で決行。年末年始リフレッシュのおかげか、正常値2000に迫る勢いで嬉しい。
リリカの副作用が酷かったからやめたことを伝えた。先生は「ええ、そんなになりましたか」と驚いた様子で、どうもリリカの副作用についてあまり把握していなかった模様。

CT結果、マーカーともに異常なしだったので、このまま化学療法後半戦突入が決定した。
CT所見のコピーをもらった。内容は以下の通り。( )内は私が分からなかったので調べて追加したもの。

———————————————————————————————–
骨盤内に再発を考える有意な腫瘤形成を認めません。
肝臓:metastasis(転移)を考える有意な異常density(密度濃度)、SOL(占拠的病変)を認めません。微小嚢胞複数+。
胆、膵、脾、副腎に著変を認めません。
左腎に微小嚢胞+。水腎症を認めません。
明らかな腹水を認めません。

肺野右中葉に前回CTと同様淡い小結節影。炎症や瘢痕性変化を疑いますが経過観察ください。
他瘢痕性変化を散見も新たな異常陰影を認めません。
頸部、鎖骨上窩、肺門縦隔に有意なLN(リンパ節)腫大を認めません。
胸水を認めません。
左乳腺B領域に前回CT同様淡い高濃度結節。近傍の結節は前回CTよりもやや内部濃度が低下も、形状には大きな変化ありません。
———————————————————————————————–

要するに現段階で再発転移を疑う要素はないけど、嚢胞とか結節とかはあるよ、ということ。この年になるとシミとかぶつぶつとか出来るのは顔の表面だけじゃないらしい。
嚢胞も結節も気分のいいもんじゃないけど、あまり気にしないで一緒に生きていくしかない。

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ